幸せになるためのヒントがそこにある!占いの楽しみ方

占いの基本!占いには種類があります。

ふだんは占いに関心がないという人でも、自分の星座は知っているということも多いのではないでしょうか?占いは身近なものですが、種類や得意分野があることはご存知ですか?それぞれの特徴を知って上手に利用していきましょう。占いは「命」(めい)「卜」(ぼく)「相」(そう)の3つに大きく分けられます。「命」は生年月日や出生場所を加えることで、本来の性質や人生の運気の流れなどの運命や宿命を占います。「卜」は時間や方角などを基本に人が関わりあう事柄を占います。「相」は主に対面での占いで目に見える姿や形を観て、その人の影響や吉凶などをみる占いです。

占いの得意分野を知る!

「命」は四柱推命や西洋占星術、数秘術などがあります。生年月日で占うため基本的には大きく変わらない占術です。性格や才能・傾向など人生の節目や転換期などの流れを読むのが得意分野となります。相手がいる恋愛やビジネスでは相手との相性や相手の性格や傾向は読み解きますが、気持ちや感情を読むことは不得意な分野になります。また正確な生年月日がわからないと占うことはできません。「卜」は易、おみくじ タロット、水晶占いなどがあります。「命」では占いにくい変化していく状況を占えるのが得意分野となります。何かを決断する時などの「アドバイス」に向いています。直感や読み解き方で占いの結果は、さまざまな解釈の幅があり占師のリーディングの力によるところが大きいといえます。「相」は 手相や人相、風水、姓名判断などがあります。目に見えるもので占い、吉凶や性格や運勢の傾向などを知るのに適しています。「命」のように、変わらないものから読み解き、「卜」のように変化する可能性をみていく占いです。感情や気持ちを探るのは不得意な分野となります。

占いは使い分けて上手に利用するのがポイント!

占師さんによっては複数の占術で占う方も多いです。「命」「卜」「相」以外にも占術はたくさん存在します。それぞれの占いの特徴を参考に、悩んだり迷ったりしていることに適した占術を選ぶことがポイントです。占いで思いがけない結果が出たとしても、どう選択し行動するかは自分自身です。占いには、これからをより良く生きていくため、幸せになるためのヒントがあるのではないでしょうか?上手に利用して楽しみながら活用したいですね。意外な自分を発見できるかもしれません。

悩みがあるなら、占い師に相談する方法がおすすめです。占い師が当たる評判が高いところを探して申し込むことが大事です。